• このエントリーをはてなブックマークに追加

wordpressプラグイン「a click tracker」を作りました。

— 2014.12.19追記 ここから —
このプラグインは、現状では、Googleアナリティクスの「ユニバーサルアナリティクス」には対応していません。
いずれは対応しますが、いつ対応するかはわかりません。
— 2014.12.19追記 ここまで —

wordpress公式:
WordPress › a click tracker « WordPress Plugins

概要

このプラグインは、aタグのクリックを全てGoogle Analyticsの「イベント」に記録します。

意図

このプラグインは、アフィリエイターさんの利用を想定しています。
アクセス解析にGoogle Analyticsを使っている方は多いと思いますが、デフォルトのままのGoogle Analyticsだと自サイトからユーザが出て行った場合、どこから出て行ったのかがわかりません。
それを記録できるようにしたのがこのプラグインです。

必要条件

Google Analyticsのコードが貼り付けられている必要があります。
貼り付け方の制限は特にありません。
プラグインやテーマの機能で設定されていてもいいですし、テーマに直書きしてもいいです。
Google Analyticsのサイト上でアクセス状況を見ることができていればOKです。

設定

設定作業は一切不要です。プラグインをインストール・有効化すれば動作し始めます。

解析結果の見方

  1. Google Analyticsのメニューで、コンテンツ→イベント→サマリーをクリック。
    1
  2. 「イベントカテゴリ」「イベントアクション」「イベントラベル」が表示されます。それぞれ以下の内容を表します。

    • イベントカテゴリ

      クリックされたときに表示されていたページのURLを表します。

    • イベントアクション

      クリックされたaタグの親要素のid・class・タグ名を表します。

    • イベントラベル

      クリックされたaタグのhref属性(つまりリンク先URL)を表します。

    2

  3. 最初は「イベントカテゴリ」が表示されていると思います。
    「イベントカテゴリ」は、aタグがクリックされた時に表示されていたページのURLです。
    イベントカテゴリの一つをクリックしてみましょう。
    3
  4. こんな表示になります。
    4
  5. セカンダリディメンション→イベント→イベントラベルとクリックします。
    5
  6. するとこんな表示になります。
    「イベントカテゴリ」はクリック時に表示されていたURL、「イベントラベル」はクリックされたaタグのリンク先URLです。
    このように、どのページからどのページに遷移した(出て行った)かがわかります。
    基本的な説明は以上です。
    6
  7. もう一歩進んだ使い方:
    「イベントカテゴリ」と「イベントラベル」では、遷移元ページと遷移先ページはわかりますが、遷移元ページに、一つの遷移先ページへのリンクが複数ある場合、どのリンクをクリックされたかがわかりません。
    「イベントアクション」を使うと、その判別が可能です。
    「イベントアクション」では、クリックされたaタグの親要素のid、class、タグ名を「_」で連結して記録しています(id・classが設定されていない場合は「undefined」と表示されます)。
    細かいトラッキングを行いたい場合は、トラッキングしたいaタグをdivやspanで囲んでそのdivやspanにid・classを付けてやれば、同一画面・同一遷移先のaタグであっても、この画面を見ることでどのaタグをクリックされたかがわかります。
    7

注意事項

このプラグインでトラッキングできるのは、自ドメインのaタグのクリックによる画面遷移のみです。
このプラグインは主にアフィリエイターさんの使用を想定していますが、アフィリエイトリンクの中にはiframeを使って別ドメインの画像をバナーとして使用している場合もあり、その場合はトラッキングできません。
日本の主なASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)ですと、バリューコマースのバナーリンクとGoogleAdsenseはiframeを使用しているらしく、このプラグインではトラッキングできません。ご了承下さい。

— 2014.12.19追記 ここから —
このプラグインは、現状では、Googleアナリティクスの「ユニバーサルアナリティクス」には対応していません。
いずれは対応しますが、いつ対応するかはわかりません。
— 2014.12.19追記 ここまで —

  • このエントリーをはてなブックマークに追加