ちょこっとXBRLを読み解いたので、軽くメモ。

DocumentInfo
公開日
例:2010-02-12

CurrentQuarterNonConsolidatedInstant
現行の4半期のBSの日付
非連結
例:2009-12-31

Prior1YearNonConsolidatedInstant
前年度末のBSの日付
非連結
例:2009-03-31

Prior2YearNonConsolidatedInstant
2年前の年度末のBSの日付
非連結
例:2008-03-31

Prior1QuarterNonConsolidatedInstant
今4半期のBSの日付
非連結
例:2008-12-31

CurrentQuarterNonConsolidatedDuration
今四半期のPLの期間
非連結
例:2009-10-01~2009-12-31

Prior1QuarterNonConsolidatedDuration
前年同四半期のPLの期間
非連結
例:2008-10-01~2008-12-31

CurrentYTDNonConsolidatedDuration
今年度の経過分PLの期間(3Qなら1Q~3Qの期間)
非連結
例:2009-04-01~2009-12-31

Prior1YTDNonConsolidatedDuration
前年度期首からのPLの期間(3Qなら1Q~3Qの期間)
非連結
例:2008-04-01~2008-12-31

単語の概ねの意味
Instant:BS用の日付
Duration:PL用の期間
Consolidate:連結
Current:今期
Prior:前期

以上。
なお、XBRLを知るには下記書籍が第一歩としてはお勧め。

XBRL入門

XBRL入門
著者:淵田康之
価格:1,890円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

XBRLを処理するプログラムを書きたい人には、下記書籍がお勧め。
XBRLの概略を説明する書籍は多数あるが、
XBRLをプログラム的に処理するための知識を得られる書籍は、率直に言って少ない。
下記書籍が唯一と言って良いと思う。
但し、経理の知識とXMLの知識、両方が必要だ。

インタ-ネット財務情報システム

インタ-ネット財務情報システム
著者:湯浦克彦
価格:2,625円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る